一汁三菜

インターネットのインフラよりな技術の話題、Web周りの技術的な話題、趣味のマラソン、旅行、その他日々の記録をしています。

道尾秀介「花と流れ星」

道尾秀介「花と流れ星」を読了。この作品は、初めてhontoで購入して読み切った作品となりました。

花と流れ星 (幻冬舎文庫)

花と流れ星 (幻冬舎文庫)

「真備霊現象探究所」を舞台とした短編集ですが、オカルトな要素はあまり無く、オチは非常に現実的な所に落ち着くという、不思議な話でした。

結構読みやすく、すんなりと読み切れる作品群でした。

hontoを使ってみた感想

Amazonだとセール品くらいしか安くならない一方で、hontoだとしばしば30%オフクーポンを配っていたり、ポイントを沢山配っていたりするので、好きな本を安めの価格で購入できるのはメリットだなーと感じます。ただ、割引率はAmazonの方が高いように思います。

クライアントはKindleの方が圧倒的に使いやすいです。hontoは動作がややもっさりしている(特に書籍を開いた時)ように感じたり、紙面の読み易さにやや難があります。