読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一汁三菜

インターネットのインフラよりな技術の話題、Web周りの技術的な話題、趣味のマラソン、旅行、その他日々の記録をしています。

第31回富里スイカロードレース大会 に参加した

第31回富里スイカロードレース大会 に参加してきました。

10kmに出場し、記録はネットタイムで1時間3分57秒でした。……が、京成成田駅から出発するバスが会場に到着した時には、既にスタート時刻を過ぎた後でした。なので、後ろの組と一緒のスタートに紛れ込んでの参加でした。という事で、実質的にはオープン参加のような形になってしまいました。

とはいえ、元々この大会は給水所ならぬ「給スイカ所」を目当てに走るレースなので、最初からタイムを狙うつもりは無かったのですが。

http://instagram.com/p/ph72tMQo5B/

当日は京成成田駅からバスが出るという事で、スタート時刻の2時間前に京成成田駅に到着。いくら参加者が10,000人を超える大会だとはいえ、2時間前ならば余裕だろうと高をくくっていたのですが、読みが甘すぎました。結局バスに乗れたのはスタート時刻の30分前。バスの行列を見た時点でタクシーに切り替えるべきでした。

結局スタート時刻には間に合わず。受付はギリギリさせてもらえたので、とりあえず走る準備をして荷物を預けてスタート地点へ。40歳以上の部のスタートに合わせてスタートしました。

5,000人が走る大会にしてはコースが狭く、なかなか前があきません。5.5km地点を過ぎて北上にする道に入ったところでようやくランナーの密集が解け、自分のペースで走れるようになりました。しかしながら5分半/kmを出すのが精一杯で、体力の衰えを感じざるを得ません。

8.5km地点あたりで大きく下るところで、お目当ての給スイカ所が現れました。スイカをもらって歩道に上がり、しばしスイカの味を楽しみます。

その後はゴール地点まで走るのみ。給スイカ所の直後に突如激坂が現れてしんどさもありましたが、その坂を越えて以降はずっと平坦だったので、それほど大変さはありませんでした。

ゴール後も受付がスイカ提供コーナーになっていて、そちらでもスイカを食べられました。

1万人以上が参加のはちょっと多すぎるのではないかという気がしなくもありませんが、スイカが沢山食べられる素敵な大会でありました。