一汁三菜

インターネットのインフラよりな技術の話題、Web周りの技術的な話題、趣味のマラソン、旅行、その他日々の記録をしています。

2014五島長崎国際トライアスロン大会

2014五島長崎国際トライアスロン大会にBタイプ (スイム2km, バイク124km, ラン28km) で参加してきました。

http://instagram.com/p/pPSwV7wo5k/

記録は

スイム 2km 50分04秒 239位 / 完泳271人
バイク 124km 6時間19分30秒 261位 / 完走270人
ラン 28km 3時間59分05秒 236位 / 完走267人
総合 154km 11時間08分39秒 253位 / 完走267人

(男子 196位 / 完走204人, 30-34歳男子 13位 / 完走13人)

という結果でした。総合記録だけ見るとアイアンマンを完走したような記録ですが、残念ながらもっと短い距離でした。ちなみに一昨年出場した時はスイム49分50秒、バイク5時間18分02秒、ラン3時間34分12秒で総合9時間42分05秒だったので、良くなったところがありませんでした……。練習不足が身に沁みます。

スイムは漁港内を泳ぐという事もあって、海を泳いでいるのにも関わらず波は非常に穏やか。コースも広い(かつ自分が遅い)ので、あまりバトルにもならずに思いのほかすんなりと2kmを泳ぎ切りました。

http://instagram.com/p/pPZMh1wo2i/

バイクは前回出場時の反省を踏まえて、富江町の中を一周している間はあまり飛ばさないようにして進みました。最初のエイドステーションを通過すると、名物の3連続ジェットコースター。谷底へ向かってスピードをつけて一気に下っていって、全力で上るというのを3度繰り返します。これ往路だけだと記憶していたのですが、しっかり復路でもこのジェットコースターを上ることになっていて気力を削られました。大宝の折り返しのあたりで、Aタイプの先頭の選手に周回遅れにされました。自分の後ろにBタイプの選手はほとんど残っておらず、これから先はずっとAタイプの選手に抜かされ続けることになります。

50km地点の看板を過ぎて、山の中の急こう配を何度も上り下りする道が続いてきたあたりで、左膝に痛みがやってきました。それまで平均時速30kmを超えない程度を目安に無理をしないようにと走ってきたのですが、これ以降は25km/hを超えることが難しくなってきます。水をかけて冷やすと少しの間だけ痛みを誤魔化せるというのに気付いてからは、たびたび膝に水をかけるようになりました。

今回のレースではバイク中に補給食をたくさん食べることを目標にしてきましたが、100kmを過ぎたあたりからついに食欲が無くなってきました。それでもどうにかジェルをお腹に流し込んでみたりしてみます。

6時間かかってようやく外濠公園に到着。バイクでは左膝の痛みが気になって仕方がありませんでしたが、ランでは全く気にならず。走り出しは結構好調だったので、時間を気にしなければ完走出来そうだと考えていました。実際には結構危ない感じになってしまったのですが……。

最初は6分/kmくらいのペースで走り出しました。往路の10kmは概ね順調に走っていけていましたが、復路に入ったあたりからだんだん調子が悪くなってきました。エイドステーションで水分を多めに摂ったことで胃が膨らんできた一方で、トライスーツがきつくて胃を締め付けます。前回はトライスーツを使わなかったのであまり気にしていませんでした。

復路は歩く距離がだいぶ長くなり、また意識が徐々に朦朧としてきました。10分くらい横になって休めば復活出来そうな気はしていましたが、多分道端で寝ているとマーシャルがやってきてリタイアを勧められてしまうだろうなーと思い、ずっと歩き続けていました。1周回が終わった後の残りの区間では意識の朦朧さに拍車がかかり、気付けの為にキャップの中に氷を入れて気を失わないようにしていました。

ゴールタイムは11時間8分。午前8時10分にスタートして、午後7時18分のゴールでした。どうにか陽が落ちる前にゴール出来たのは良かったです。いつも自分のゴールシーンを映像や写真で見た時に疲労困憊した表情をしているのが嫌だったので、今回は笑顔を作ってゴール。翌日に写真を見た感じでは一応笑顔をしていました。

http://instagram.com/p/pRAQp0Qoz3/

今回、特にバイクに関してはレース以外で1mmも乗っていなかったので、前日に宅配便で送られてきたバイクを組み立てて500mくらい試走しただけで足に違和感を覚える体たらくだったので、レース前から不安しかありませんでした。ふたを開けてみれば50kmくらいで左ひざが痛み始め、それから先はずっとひざをかばいながら走ることになってしまい大幅に時間がかかりました。やはりレース前に少なくとも1度くらいずつヒルクライムとロングライドをやっておくべきだなと反省した次第です。とはいえなかなか休日に時間を取るのも難しいのですが。

体重も増えているので、ランではトライスーツのきつさに気持ち悪くなってしまい、だいぶ長い距離を歩いてしまいました。次からロングのレースではトライスーツではなく、ランシャツ・ランパンで挑むようにしようと思います。

http://instagram.com/p/pQ6QRDwo7T/