読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一汁三菜

インターネットのインフラよりな技術の話題、Web周りの技術的な話題、趣味のマラソン、旅行、その他日々の記録をしています。

ランニングフォーム診断を受けてきた

昨日、MIZUNO|F.O.R.M. ミズノランニングアドバイスを受けてきました。モーションキャプチャーでランニングフォームを撮影して、その様子を解析する事によって、ランニングフォームを見てもらえるサービスです。今まで陸上競技の専門家の指導を一度も受けた事が無く、本で読みかじった知識だけで走っていたので、速く走れるようになる為に一度他の人の意見を聞いてみたいと思っていました。

このサービスを知った時にいざ予約しようとしたら、1ヶ月先まで予約でいっぱい。なので、ようやく昨日診断を受けられた次第です。

お値段は30分間で2,100円と、割とお手頃な価格設定です。同じようなサービスはasicsasics running labがあるのですが、値段で今回はmizuno running adviceを選びました。

当日は予約15分前に神田小川町のエスポートミズノへ。2階を上がった所にあるトレッドミルの奥が受付になっているので、そちらで受付をしました。まずは日頃の練習量、過去のレースの記録、練習中のケガなどを答えるアンケートに回答した後、持ってきたウェアに着替え、右半身にマーカーを取り付けて計測になります。

計測ではトレッドミルに乗って、3分間走ります。ペースはフルマラソンを完走出来る程度のスピードということで、ぎりぎりサブ4な自分は10km/hで走って計測をする事になりました。自分はトレッドミルを使った経験がスポーツクラブの入会時くらいしか無かったので、まずは歩く位のスピードから徐々にトレッドミルに慣れる所から初めていただきました。

3分間走ったらトレッドミルから降りて着替えます。着替えている間に測定結果の診断が出ていました。

http://distilleryimage7.s3.amazonaws.com/9b826abe4d8c11e29b7122000a1f9a64_7.jpg

全体的に見て悪いところはないけれども、脚が後ろに流れているという見解。後ろに残った脚を巻き上げられるようになると、より効率的なフォームになるというお話を伺いました。全体的に綺麗なフォームだと言っていただけたのは嬉しかったです。とはいえ確かに太ももの力が弱いので、脚が流れないように巻き上げるという走り方が出来ていないのは事実。意識して効率的な足運びを出来るようにしていきたいです。