一汁三菜

インターネットのインフラよりな技術の話題、Web周りの技術的な話題、趣味のマラソン、旅行、その他日々の記録をしています。

DT-F110/U2レビュー

ふと地上波デジタルの視聴環境を整えてみたくなって、
ちょいテレ・フル USB2.0用 地デジチューナー : DT-F110/U2
| BUFFALO バッファロー
を買ってみました。特に見たい番組があるわけでもないのですが、話のネタにできる程度にはテレビを観ておいた方がいいのかなあと最近思い始めています。それこそ「新聞を読みなさい」というのと同じように。

このDT-F110/U2、USB接続の地デジチューナーで、ワンセグ・フルセグの両方に対応しています。付属のアンテナのままで利用するとワンセグ放送を受信する事ができます。フルセグを見たい場合はアンテナケーブルをつければ、そのままフルセグのチューナーになります。

というわけで思い立ったが吉日、買ってみました。税込5,980円。自宅のPCが古すぎてグラフィックボードがHDCP対応しておらず、前のエントリで紹介した通りグラフィックボードを後から購入しています。

ネジ止め式のアンテナケーブルを買ってみたら、自宅のアンテナケーブル引き込み口がネジ止め式に対応しておらずケーブルを買い直す事になったりもしましたが、とりあえず地デジが観られるようになりました。しかしなにぶんハードウェアアクセラレータが無いせいか、テレビを見ている最中はCPU使用率がほぼ常に100%に張り付いてしまいます。一応視聴に困るような事は何も無いのですが、ちょっとコンピュータに優しく無いので長時間の視聴は躊躇してしまいそうです。